推しのVtuberを見つける方法&見つけたらどうする?

提供:DocHouse
ナビゲーションに移動 検索に移動

筆者はほぼホロライブしか見ていないため考えが偏っている点についてはご容赦ください。

最近はVTuberが有名になってきていますよね。ラジオやテレビに出たり、CMなどにも出たらしいですね。そんなVTuberを安直に見ても楽しく有りません[注釈 1]。では、今回はどのように推しを探せばいいのか、見つけたら何をすればいいのかについて教えていこうと思います。
各種用語はGoogleなどで検索してみてください。

VTuberの種類[編集 | ソースを編集]

VTuberには企業勢個人勢の2つがあります。以下に主な例を紹介します。

企業勢VTuber[編集 | ソースを編集]

  • Hololive(カバー)
  • Holostars(カバー)
  • にじさんじ(エニーカラー)
  • あおぎり高校(ViViOn)
  • ぶいすぽっ!(Brave group)
  • のりプロ(会社として存在しない?)

個人勢VTuber[編集 | ソースを編集]

  • しぐれうい
  • 犬山たまき
  • 新兎わい
  • 兎鞠まり

有名なのはこういった方々です。

推しを見つけよう[編集 | ソースを編集]

推しを見つける方法は多々ありますが、一番簡単なのはYouTubeや𝕏などで検索し、気に入ったビジュアルの方から見始めるというのが一番カンタンです。それが企業勢であれば、そこからもっと広げれる事ができます(実際に私もそうでした。)。また、こういったものは一部でしかないですが、企業内のVTuberが全員集合的な動画もあります。ただし、以外にもほとんどの企業勢にはこういった全員集合的なのはなさそうでした。以下に例を紹介します[注釈 2]

さて、ここで「なんで公式と非公式の両方乗っけているのさ?」と考えた方もいるかも知れませんが、心配ご無用。何故かというと、最近加入した方などがいなかったり、一回きりになっていたりするからです。
さて、それ以外の方法ももちろんあります。企業勢などであれば、サイトがあります。サイトから「このビジュアル好きだなぁ〜」という方を見つけたりしてみてください。

推しを見つけたらどうする?[編集 | ソースを編集]

まずはたくさん見ていきましょう。それはライブでもアーカイブでも切り抜きでも。そして、できるのであれば、スーパーチャットやスーパーサンクスを送ってみましょう。スーパーチャットの額が10000円を超す、いわゆる「赤スパ」を投げると、その方は喜びます[注釈 3](一部の配信のように一生赤スパが投げられるという配信もありますが...)。もしくは、グッズを買ってみてください。推しのグッズを持っているととても嬉しいものです。

箱推しになってみよう[編集 | ソースを編集]

企業勢VTuberでは、グループ内全員を推す、いわゆる箱推しがあります。のりプロや、あおぎり高校、ホロライブなどはすごくメンバーが多いわけではない(ホロライブは多いけど少ない方)ので、箱推しというものが存在します。「全員可愛い」などと考えているのであれば、箱推しになることも良いかもしれません、箱推しはとても難しい側面もあります。
まず、ホロライブは特に全員を推すのはさすがに無理があります。例えば私の友人は配信中の配信をすべて見たりたくさんのグッズを買ったり...。そういうことができるのかなということです。私には無理です(笑)。箱推しになるのであればそれ相応の覚悟が必要です。特ににじさんじなんて多すぎて無理です

お前はどうだったんだよ[編集 | ソースを編集]

私がどのようにしてVTuberを見るようになったかについて少しばかり紹介させてください。
一言で言うなれば、突然ホロライブの切り抜き動画が出てきたからです。私は「なんだろうな〜」と思って見てみたのが始まりです。いや正直言って度肝を抜かれました。ビジュアルきれい・声可愛い。ここから私のホロリス人生が始まり、最近では、少々ばかりですが、グッズを買い始めたりしています。
みなさんもホロリスになれとは言いません。VTuberという新しい趣味をつけてみては如何でしょうか。

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. グループ内のメンバー全員を推す箱推しもありますが別の話。
  2. なぜホロライブとにじさんじだけかと言われても、探してこれしか有りませんでした。逆に他の箱で全員集合的な動画があれば載せてください。お願いします。
  3. 赤スパは承認欲求を満たしたいときだけにしましょう。グッズを買ったほうが有意義です。

出典[編集 | ソースを編集]

推しのVtuberを見つける方法&見つけたらどうする?

2024年2月28日
作者:Imoyokan-scratch
分類:解説書